Posted: 1 Min ReadJapanese
Original Post: English

Hock Tanとのインタビュー: Broadcom社長兼CEO

インフラストラクチャ技術の世界的リーダー企業を築き上げる

先日発表されたように、Broadcom Inc.の社長兼CEOであるHock Tanは、Broadcom Softwareグループの運営も直接監督することになりました。Broadcom Softwareを率いることになったHock Tanに、そのキャリア、個人的な慈善活動、成果を上げた分野について話を聞いてみました。

Q: マレーシアで育ったあなたが米国に渡った経緯と、米国籍を取得するまでの経緯を教えてください。

私は1971年、マサチューセッツ工科大学(MIT)に留学するため、奨学金を得て渡米しました。  MITに入学できたことは、幸運であり誇りでもありました。アメリカの大学や大学院の教育制度は、常に世界中の志ある学生を惹きつけてきました。多くの世界的なアメリカの大学と同様、MITは私に多くのドアを開いてくれました。そのおかげで、私はアメリカンドリームを叶えることができたのです。私は1975年にMITを卒業し、機械工学の学士号と修士号を取得しました。その後、ユニオンカーバイド社で数年間研究エンジニアとして働き、1979年にハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しました。1990年にアメリカ市民権を取得しました。

Q: これらの決定的瞬間は、あなたの人格形成とリーダーとしてのあり方にどのように影響しましたか?   
BroadcomのCEOとして世界最高の仕事をしているのは、この地球上で最も賢く創造性にあふれた人々と一緒に仕事ができるからです。成功はチームの努力のたまものであり、Broadcomでは才能豊かな社員が最も貴重な資産であることを皆が理解しています。これが、今後も優秀で勤勉な人材を獲得できるようにするために、私が対策をとり続けている理由です。米国内外の中学生を対象にしたSTEM(科学、技術、工学、数学)教育プログラムに資金を提供するBroadcom基金は、当社および国の継続的な成長に不可欠な研究分野に関心を持つ次世代を奨励するBroadcomの取り組みの一例です。

Q: BroadcomCEOになるまでのキャリアパスはどのようなものでしたか?

BroadcomのCEOになるまでの道のりは一直線ではありませんでした。MBAを取得後、ゼネラルモーターズ社で自動車業界のキャリアをスタートし、その後、食品・飲料業界に移り、ペプシコ社で数年間を過ごしました。その後、建築資材のHume Industries社、ベンチャーキャピタルのPacVen Investments社、パソコンで有名なCommodore International社で指導的な役割を担いました。

1994年にIntegrated Circuit Systems(ICS)社に入社し、半導体の世界に足を踏み入れました。その5年後、マネジメントバイアウトを主導して、CFOからCEOに転身しました。ICSに勤務していたとき、私は初めて米国国防総省と直接協力する機会を得、パトリオット地対空ミサイル計画のレーダーシステムに関する仕事の一環として、秘密軍事情報取扱資格(セキュリティクリアランス)を取得しました。

最終的には、2005年にICSをIntegrated Device Technology社に売却しました。その1年後、私は未公開株式投資会社のKohlberg Kravis & Roberts社とSilver Lake Partners社に雇われ、老舗のHewlett Packard社の半導体チームからスピンアウトしたAvago Technologies社のCEOに就任したのです。その後、Avagoは2016年にBroadcom Corporationを買収し、現在皆さんがご存知の「Broadcom」にブランドを変更しました。プロとしての道を歩み始めた頃は、この偉大な企業のCEOになるとは予想だにしませんでしたし、今の自分があるのは幸運なことだと考えています。

Q: あなたにとって重要な個人的取り組みと活動は何ですか?

私はこれまで多くの幸運に恵まれてきましたので、地域社会や他の人々にお返しをすることは本当に大切なことです。自閉症の研究は、私が深く関わっている活動であり、2人の自閉症児の父親である私自身にも影響を及ぼしています。私の家族は、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、コーネル大学に多額の寄付を行い、障害を持つ若者のワークライフを改善するためのプログラムや、神経多様性の分野の研究支援に資金を提供しています。

Q: これまでに仕事で成し遂げた最大の成果は何ですか?

私が入社して以来15年以上にわたってBroadcomで行ってきた仕事には大きな誇りを感じています。PCSにおける光ナビゲーションから携帯電話用の初のWi-Fi/Bluetooth/FMコンボチップまで、業界をリードする製品の導入により、当社は大きな成功を収め、今後も最先端の技術革新の最前線に立つことができます。今回の買収が完了した暁には、VMwareのチームを迎え入れ、世界有数のインフラストラクチャテクノロジー企業を目指す当社の戦略を推進していきたいと考えています。

また、まだご覧になっていない方は、最近開設したWebサイトhttps://Reimaginingsoftware.comをご覧ください。VMwareの買収に関する有用な資料やその他の関連情報を掲載しています。

Symantec Enterprise Blogs
You might also enjoy
1 Min Read

Broadcom Software、米国空軍のデータトランスフォーメーションのパイロットプログラムを実施

米国連邦政府機関にとってデータセキュリティは、企業と同様に不可欠なものです

Symantec Enterprise Blogs
You might also enjoy
1 Min Read

BroadcomとVMware:次世代のインフラストラクチャソフトウェアを目指して

お客様とパートナーの未来のニーズに応えるために

About the Author

Viki Paige

Head of Broadcom Corporate Marketing and Communications

Viki is responsible for corporate marketing and communications for Broadcom, ensuring that corporate marketing strategies for software and semiconductor are developed and executed across the organization. Viki has extensive experience in corporate communications and software solutions marketing.

Want to comment on this post?

We encourage you to share your thoughts on your favorite social platform.